IoTビジネス

IoTビジネス

EtherCAT オートメーションシステム

☆4CH PoEカメラの接続性と高精度モーションコントロール
☆統合されたマシンビジョンによるスピーディな導入
☆コンパクト設計で精密なモーションコントロール
☆サードパーティのEtherCAT要素と完全な互換性


☆Talos-2000 シリーズ

・第6世代インテル ® Core™ i7/i5/i3 プロセッサ搭載
・最大64軸のモーションコントロールとEtherCAT経由の10,000点のI/Oポイントコントロール
・最大4CHギガビットPoE(Power over Ethernet)
・最大250μsのEtherCATサイクルタイム
・EtherCATスレーブとPoEカメラの広範なAVLアプリケーション輪郭作成を可能にするポイントテーブル機能
・最大16Dの線形、3D円形、3Dスパイラル補間をサポート専用緊急停止装置接続
・マニュアルパルス発生器用高速エンコーダ入力
・従来の産業用PCより小さいフットプリント


EtherCATベースのビジョン統合オートメーション制御システムは、スモールフォームファクタ、高精度モーションコントロール、4CH PoEカメラ接続機能を備えており、電気機器製造の理想的な、マシンオートメーションソリューションです。

スマートファクトリーに最適なマシンオートメーションソリューション

☆マシンオートメーション用に最適化された3インワンプラットフォーム
ADLINKのTalos-2000は即時使用可能なオートメーション制御システムで、統合された産業用PC、ビジョンシステムおよびEtherCATモーションコントローラを兼ね備えており、コンパクトなサイズで高度に統合されたマシンオートメーションを実現します。

☆多くの標準規格に対応し、開発時間の短縮が可能なプラグアンドプレイ機能の提供

Talos-2000は、サードパーティのEtherCATスレーブ、PoEカメラ、およびModbus TCPデバイスと高度に互換性があり、プラグアンドプレイ機能によりテスト時間を短縮し、完全なAPIを統合したADLINKのAPS関数ライブラリを完全にサポートし、開発時間を短縮します。

EtherCATモーションコントロールカード

☆高性能かつ容易な開発で各種製造装置のアップグレードが簡単

Talos-2000はサードパーティのEtherCATスレーブ、PoEカメラ、およびModbus TCPデバイスと高度に互換性があり、プラグアンドプレイ機能によりテスト時間を短縮し、完全なAPIを統合したADLINKのAPS関数ライブラリを完全にサポートし、開発時間を短縮します。PCIe-8338はADLINKソフトモーション、アプリケーション対応ファンクションブロック、APIサポート対応で、容易な開発、インテリジェントな管理を実現します。またTCOを削減 EtherCATベースの産業オートメーションにアップグレードしたいユーザーに最適です。既存のモーションコントロール構造を改良し、PCIe-8338は、最大64軸を競争力のある価格対応で、すべての1軸で最大70%のコスト削減を実現します。大幅な性能向上、高精度化、容易な開発により、既存の電子製造装 置をシームレスにアップグレードするための、高速かつ時間決定のモーションコントロール、高度なソフトウェアとハードウェアの統合、インテリジェントな管理のニーズを満たす最高性能のEtherCATソリューションを提供します。
産業用コンピュータ ▶︎



組み込みコンピュータ ▶︎



モニタリングシステム ▶︎



EtherCAT オートメーションシステム ▶︎



データシェアリングミドルウェア ▶︎



ROSスターターキット ▶︎